自転車の根付き方。

現在、開催中のジロ・デ・イタリアは今年で100周年を迎える。ツール・ド・フランスも既に100周年を
過ぎ106周年目である。その他ワンデイのクラッシックレースなども100年以上の歴史があるもの
がいくつかある。

つまりヨーロッパでは文化として自転車が根付いているという証拠である。
そんな土地だからであろう。日本では考えられないこともやってのける・・・。

囚人たちのツール・ド・フランス、6月に開催。「逃げるチャンス」?from cyclowired.jp

いや~じつに凄い!参加するのは196人の受刑者たち。しかも警備員や刑務所のスポーツインストラクター計124人も同行するという本格的なものだ。フランス北部の都市リールを出発し、ゴールのパリまで1400マイル(約2300km)の走破を目指すそうだ。ほんと凄いよ!

しかし刑務所のある17の街を巡りながらというのが何ともウィットにとんだ企画ですねぇ。

まず日本では到底思いつかないですね。ここまで行かなくても競技や趣味としての自転車文化が根付いてほしいものです。
フランスではロード競技だけでなくMTBのダウンヒルも盛んなんですよ~!
[PR]

by hirari-ID | 2009-05-28 23:52 | 自転車  

<< 始まりと再生。「MATTO B... お手軽チームマネージメント? >>