2010 Cannondale

ラッキーなことにキャノンデールの2010年モデルに試乗する機会にめぐり合いました。
今年のサイクルモードにcannondaleの出展がないので本当にラッキーです!
試乗したのは以下のモデル。ロードバイクばっかりですが(苦笑)

SuperSix HI-MOD
CAAD9
CAAD8

まずスーパーシック ハイモッドは・・・う~ん凄いです。!進む進む!
剛性感はバッチリあるんですが振動吸収性が凄く良いいです!クランクもくるくる回りますし、
トルクをかけて踏んでもヒュンヒュンとぶっ飛んで加速します!BB30の恩恵かな?
BB30侮りがたし!
ハンドリングは軽量なのにヒラヒラ感が無く、低重心で思った通り曲がれてて安心感があります。
下りなんか凄く良さそう。
OZION氏のSix13に乗った時も思ったのですがこれはキャノンデールの一貫した味付けの
ようです。

そしてCAAD9は乗った感じはハイモッドと遜色無い走りです!さすがはアルミのキャノンデール!
振動吸収性もアルミ素材のフレームとしては凄いと思います。こちらもBB30にアップデートされて
いるのですがこちらもその恩恵か?!
メーカー側もある意味ハイエンドの位置づけと謳っているだけありますね。
最後のmade in USAモデルになるので気になる方は買って損は無いと思います。フレーム単体
売りもあるようですし。

最後にCAAD8は少しモッサリ感がありました。しかしそこは勘違いしないで下さい。ハイモッドと
CAAD9と比べての話ですから。
振動吸収性は上位グレードと変わらず良いですし、エントリーユーザーの方には硬すぎずおススメ
かも。それが低価格で手に入れられるのは良い事だと思います。


個人的な感想ですがSuperSix HI-MODは来期の個人的ベストバイになる可能性がありますね。
何が魅力かというと価格が凄い!さらにフレーム単体での価格はもっと凄いですから!
cannondale Japan頑張ってますよ~!
プロがツールを走ったモデルがこの価格だと食指がそそられますねぇ・・・。
そろそろフレーム乗せ変えたい人には間違いなく選択肢に入ると思います。
あとCAAD9。アルミの最高峰だと思いますしmade in USAこの機を逃すと買えなくなりますからねぇ。

詳しくはキャノンデール・ジャパンのHP
こちらはHI-MODのシクロワイヤードでもインプレの記事
そしてこちらは特集記事です。
[PR]

by hirari-ID | 2009-12-08 03:41 | 自転車  

<< サイクル・モード2009の感想。 Frangipani-vill... >>