『ΠΛΑΝΗΤΕΣ-プラネテス-』

これまた久々の本の紹介。といっても漫画本です。
『ΠΛΑΝΗΤΕΣ-プラネテス-』
f0181159_2454868.jpg
宇宙開発によってもたらされたスペースデブリ(金属の破片などの宇宙ごみ)を回収業とする通称デブリ屋と呼ばれる職業に就く主人公を軸として進められる物語で、近い将来必ずなるであろうスペースデブリ問題を描いたSF漫画です。

作者、幸村誠による詳細なSF描写と独特の哲学的な宇宙観に、読んでるうちにぐいぐいと引き込まれる作品です。
舞台が宇宙に移ってもなを、現在の地上にもある貧富の差、テロ問題、エネルギー問題などがあり続け、宇宙開発の光と影が描かれている。そんな現実世界の感覚とつながるからか、いろいろと考えさせられます作品でもあります。
出てくるキャラクターの中ではフィー姐さん大好きです、カッコイイです!(笑)

ちなみに2002年度星雲賞コミック部門を受賞(リンクはSFファングループ連合会議による公式の受賞リスト)、その後NHKでアニメ化もされており、こちらも2005年度星雲賞メディア部門を受賞してます。原作とアニメーションのダブル受賞は風の谷のナウシカ以来らしいです。
アニメの方も一部追加シナリオを加えただけで、原作同様のSF描写と独特の宇宙観が楽しめる良い作品に仕上がってます。宇宙服や宇宙船・諸装備も、現在想定されている宇宙開発事情に沿って大幅な考査が行われ描かれたみたいですし、絵がカラーで動くため宇宙の描写は迫力があるかもしれないですね。
SF好きに限らず皆様一度手にとって見てください!
[PR]

by hirari-ID | 2008-11-15 03:23 |  

<< レストア?MTBその1「ついに... 「the Selection ... >>