カテゴリ:音楽( 6 )

 

ライブはやっぱ良いです。

何かと忙しく更新サボり気味のhirariです。(苦笑)
皆さん暑いやら寒いやらで体調崩しておられないでしょうか?

さてさて本日の夜、お友達からライブの招待チケットを頂きまして、久々行ってきました。
場所は心斎橋クラブクワトロ。

新人の「EMI MARIA」というR&Bシンガーの初の単独ライブということでした。
7月ぐらいにメジャーデビューするそうです。
そういえば最近のブラックミュージック系のアーティストは全然聴いてなかったので
少し不安な足取りで行きました。

で感想は・・・良かったです。
力強い声も出せるし、高音のファルセットも綺麗。何よりグルーヴ感が凄くよかったです。
久々にきたな!感じな本格派R&Bシンガーでした。

彼女自身がゲストで呼んだバックメンバーの演奏もコーラスもノリノリで自らも楽しむ感じで
楽しいライブでした。もちろん私もノリノリでしたよ!
f0181159_1351662.jpg

[PR]

by hirari-ID | 2009-04-02 23:56 | 音楽  

「the Selection of SALT」

久々の音楽紹介。
今回は日本のジャズピアニスト、SALTこと塩谷 哲(しおのや さとる)のアルバム「the Selection of SALT」を紹介します。この人のピアノ大好きなんですよ!
まずは塩谷哲というピアニストについて少々。世界的に有名なサルサバンド、オルケスタ・デ・ラルスのピアニストとして活動しておりました。このバンド、知ってる方は知ってると思いますがめっちゃ凄いです!そしてその後のソロ活動ではトリオを組んだりヴァイオリンの金子飛鳥さんと競演したり熱帯JAZZ楽団への参加、小曽根真との競演、はたまた手嶌葵、松たか子や絢香などと活動するなど幅の広いジャンルで活躍してます。
情緒豊かで、ときにはラテン系の熱さのあるピアノの繊細なタッチが素晴らしいく大好きです。
そんな彼の楽曲たちを彼自身によりセレクトしたアルバムです。
「the Selection of SALT」
f0181159_0553680.jpg
1)TRANS CAFE
2)SIDE BY SIDE(WE GO)
3)AKOGARENO RIO DE JANEIRO
4)WIND AND LEAF/FOUR of a KIND
5)LIFE WITH YOU
6)THE DEW OF LIFE
7)SHUFFLIN' CITY
8)GET UP 'N' GO/FOUR of a KIND
9)FUN EXPRESS
10)STORM FRONT11)ARICA/Adi
12)HUMAN-TECH BOY/SATORU SHIONOYA SPECIAL BIG BAND

3曲目の「憧れのリオデジャネイロ」、これにやられました!もう気分は昼下がりのリオの海岸ですよ。そのほかにもコンポーザーとしての素晴らしさも感じられるピアニスト塩谷 哲を知るのにもってこいの一枚です。
[PR]

by hirari-ID | 2008-11-12 23:57 | 音楽  

原田知世 『Flowers』

昨晩の宴の席で私のブログの話になったとき
bass氏「hirariは原田知世とかも聞いてんねんで~」
    皆「えーっ!」
っとなったのでちょっと紹介。(笑)
原田知世といえば「時をかける少女」ってイメージが強いんでしょうが、私はスウェーデンの音楽プロデューサー、トーレ・ヨハンソン (Tore Johansson)から入っています。彼のプロデュースと言えば海外ではカーディガンズ、国内ではBONNIE PINK が有名でしょうか?いわゆるスウェディッシュポップです。
彼が原田知世をプロデュースした作品でミニベスト的なものがアルバム『Flowers』です。

f0181159_21153519.jpg『Flowers』
トーレ・ヨハンソン プロデュース アルバム
1997.09.18
1. パレード
2. メトロ
3. TEN VA PAS
  (タンバリン・ミックス・ヴァージョン)
4. 君は君のもの
5. 100ラヴ・レターズ
6. シンシア
7. ロマンス

華ながらどこか影のあるポップなスウェディッシュサウンドに彼女の明るく優しい歌声がとてもマッチしていてとても良いです。曲順も良く7曲という少なさも感じさせない聴き応えがあるものになってます。
収録曲がJ-PHON(現SoftBank)や車のCMで使われていたので、「これ原田知世だったんだ」って人も多いと思います。
天気の良い休日に聞くにはピッタリの1枚なのでは?
[PR]

by hirari-ID | 2008-10-10 21:59 | 音楽  

Perfume『GANE』

ちょっとミーハーな話です(笑)アイドルのCDを求めたのは初めて・・・。
Perfume(パフューム)・・・広島出身、女の子三人組のテクノポップアイドルユニットと表すのがいいだろうか?今やリリースする曲がいつも上位ランキングされるほど勢いのあるユニットだ。NHKの環境リサイクルキャンペーンCMの曲を歌っている(出演もしている)といえば思いつく人も多いかと。
プロデューサーの中田ヤスタカによるポップなテクノサウンドとコーラスワーク絶妙さ、彼女達の親しみやすくかわいいルックスとキャラ、そしてアクターズスクールで鍛え上げられたダンスやライブパフォーマンス。業界人からの評価も高くコレが売れなければアイドルは終わりだと言う人もいたような・・・。下積み時代の努力が実ってほんと良かったと思います。

私は前のアルバム「Perfume~Complete Best~」の#1、「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」で衝撃を受け、完全にやられてしましました。サビへの盛り上がり方が最高!

そんな彼女達がオリコン1位を獲得したアルバムが『GAME』
(左が通常版・右が初回限定版)
f0181159_22121861.jpg
全曲捨て曲無し、ちょっと前までマイヘビーローテーションでした。一番好きなのはしっとりめな#6の「マカロニ」。

このユニットはテクノサウンドを一般層に広げた功績は大きいと思います。あと何気に高度なダンスは凄いです。ほんと売れて良かった。
[PR]

by hirari-ID | 2008-09-24 01:10 | 音楽  

ジョバンニ・ミラバッシ・トリオ 『Prima O Poi』

アトリエ・サワノ=澤野工房と言うジャズレーベルをご存知でしょうか?
ジャズが好きな方はご存知かと思いますが、大阪新世界で営業している「さわの履物店」の無類のジャズマニアであった4代目当主澤野由明が「自分が聴きたい作品をリリースする」をモットーにヨーロッパ中心にレコード輸入し始め、更には音源発掘&レコード化、ついにはメジャーレーベルに肩を並べるぐらいに成長したレーベルです。

なんともまぁ趣味を突き詰めていくとえらいコトになるという一例ですね(笑)
さてそんなレーベルから私のお気に入りの一枚を紹介したいと思います。

f0181159_063853.jpg
    『Prima O Poi』

 ジョバンニ・ミラバッシ・トリオ
  withフラヴィオ・ボルトロ




アトリエ・サワノのオンラインショップ
で全曲試聴可能。

ミラバッシの繊細かつ静かに熱い情熱を秘めたピアノが存分に味わえます。
5曲目に「Theme from howl's Moving Castie」つまり「ハウルの動く城」がクレジットされているのが面白い。哀愁漂う素敵なジャズワルツアレンジになってます。
ヨーロピアンジャズのテイストを味わうための入門の一枚にはもってこいだと思います。

■アトリエ・サワノのオフィシャルウェブサイト
「CLUB/SAWANO」
■「新世界NOW」:新世界ブログ会の店舗紹介
「さわの履物店」&「hand-made JAZZ 澤野工房」
[PR]

by hirari-ID | 2008-09-17 01:12 | 音楽  

音楽。

音楽は好きです。
と言うか音楽が嫌いな人は稀だと思ってます。聴くだけにしろ自分で演奏するにしても何かしら生きていれば音楽と関わっている思います。世の中、初対面の相手との会話のきっかけに音楽の好みを尋ねるような手段もあるくらいですから(笑)

さて私の音楽に関して最も古い記憶は幼稚園に入る前ぐらいにYAMAHAのエレクトーン教室に通っていたという記憶です。まぁエレクトーンに座っている場面しか覚えてはいませんが・・・その後ピアノを少々かじって高校時代にはギター(アコースティック)をやってました。しかし現在は見る影も無く数曲しかレパートリーがありませんが(苦笑)今はもっぱら聴く中心になってます。

好きな音楽のジャンルは?と聞かれれば困ります。かなり雑食でジャンルというより曲です。
良い曲だなと思う→そのアーティスト調べる→視聴して気に入れば買う→関連するものを買う。様な流れがほとんどです。家にあるCDのジャンルを大まかに挙げてみると洋邦とわずポップス系、ロック系、ブラックミュージック系、Jazz・クラッシック系にテクノ・エレクトロニカ系と様々あります。自分でもどんなもんだろ?と思ってしまいます・・・。
f0181159_3114122.jpg

まあ曲紹介など詳しいことは後々公表することにして今回はここまでです。
[PR]

by hirari-ID | 2008-09-10 00:21 | 音楽